FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:
2011.05.14(Sat):サンボの紹介
サンボは関節技が凄いってイメージがあると思います。
だから、寝技を試合でたっぷり出来ると思ったら大間違いです。
寝技のブレイクは、柔道の「まて」と変わりません。
でも、関節技に入ると、1分寝技が出来ます。
修斗の「キャッチ」ほどしっかり関節取らなくても
サンボのレフリーは関節コールをしてくれるので、
それから極めれば良いのです。

柔術は、しっかりポジションを作り、一つ一つ技に入っていきますが
サンボは、そんなことしてると、「スタンド」になってしまします。
なので、一気に関節技の形に入ります。
技に入ってからポジションを作っていくわけです。

サンボには、パスガードなど存在しないと、大久保凡先生は言ってました。
パスなどせずに、その足極めてしまえ。って事です。

柔術の選手がサンボの試合で寝技をやれなくて、
「ブレイクが早すぎるぜ」
なんて言ってるのを聞いた事ありますけど、
ブレイクは、やり方次第で1分はかかりません。
でも、ポジションを作ったり、パスガードを何度もしてたら
すぐにブレイクですからね。

関節技を極めるまでの道のりは、サンボと柔術は、「逆」ですから
柔術家はサンボルールを研究して、
自分の寝技をアレンジして試合に挑んで頂きたいですね。

ブレイクが早いって事は、寝技が苦手でも、
サンボは勝てるって事でもあります。


にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://weeklysombo.blog65.fc2.com/tb.php/10-d529a5dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。