QLOOKアクセス解析
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:
2012.09.29(Sat):コラム
アキレス腱を取り合う格闘技って、サンボ位じゃないですかね?
B柔術は、外掛け禁止ですから、まともなアキレス腱固めは出来ないですし。
あれは例えるなら、背負い投げで引き手持つの禁止って言う位の話ですよねw

寝技のポジションでポイントが入る、グラップリングもアキレスの取り合いはしないし、
総合も上を取られたり、もう一つの足で蹴られたりして、危ないですしね。

サンボルールは、アキレス腱固めが極まるように出来てるんじゃないかと思うんですよね。
シューズを履きますから、滑らずに極めやすいし、
道着も着てるからさらに極めやすいです。
裸で裸足だと、滑って結構逃げられちゃうんですよね。
僕みたいな中級者程度だと。

アキレス腱固めで、タップを取るのは、病みつきになる快感があります。

ちなみに、U系のプロレスラーのアキレス腱固めは、
アキレスを極める手と掛ける足が逆です。

サンボでは、右手でアキレスを取ったら、右足を外から掛けるのが基本だけど
U系プロレスラーは、右手で取って、左足を内から掛ける。

それは、プロレスだからなのか?
教えた、藤原が悪いのか?

それとも、大久保凡並のアキレスの技術があり、逆足でも極められるのかw


にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。