QLOOKアクセス解析
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:
2012.06.26(Tue):コラム
全日本大会が近いですが、選手の皆さんは
セコンドは、信頼おける人にたのむ事を、お勧めします。
悪いセコンドがついたために、勝てる試合を落とす事もありますからね。

まず、セコンドの声は、相手にも聞こえているという事を
わかってない人は、ダメです。
こちらの手の内をおもいっきり言ちゃったりする人とか、
こちらの悪い所を言っちゃうとか。

あと、決まり文句ばかり言う人。
自分から行け。とか、あきらめるな。とか

例えば、釣り手をわざととらせて、それを切って自分の組み手にしてるのに
「自分から組め!自分から攻めろ!」とか言ってるのをよく聞きますけどね。
そんな時は、「釣り手からとらずに、引き手からとれ!
相手は、わざと釣り手をとらせてるからね。」
くらいの事をいえる人じゃないと、セコンドの意味がない。
というより、足を引っ張ってますからね。

ボクシングのWBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志さんの著書に、
日本人相手の時は、自分のセコンドの声も、相手のセコンドの声も
両方聴いていると書いてありましたしね。

なので、相手にもこちらの声を聞かせて、逆にプレッシャーを掛ける位の。
相手がやろうとしてる事を、ばらしてしまう位の。
そんな人が、セコンドについたら良いですね。

選手は、試合前にセコンドとよく話合って、
どういう事を言ってほしいのかとか、
相手にわからない用語を、決めておくなどしたいですね。

で、どうしても良い人がいなければ、余計な事を言われて
足を引っ張られるより、
「僕は、試合中になんか言われるとダメなタイプなので、指示は出さずに
時間だけ、ラスト1分、ラスト30、ラスト10だけ言ってください。」
ってお願いして、何も言わせない方が良いと思いますよ。

圧倒的に強くなれば、セコンドなどどうでも良い訳ですけどね。


にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。