QLOOKアクセス解析
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:
2011.09.30(Fri):サンビスト
IMG_1663_convert_20110930193239.jpg
みなさんご存じ
アキレス腱固めの大久保凡先生です。

今日は、大久保さんが、流血など気にしない
豪快な男であるという話をしましょう。

僕は、毎年大久保家に遊びに行くんですが
大久保家の庭でみかん狩りをしてる時、僕の不注意で、
大久保さんの足の親指の爪の後ろあたりに
枝切りバサミを落としてしまいまして、
冬でも、草履か下駄の大久保さんの足はザックリ切れて
血がドクドク流れてきました。

僕が「病院に行った方が良いんじゃないですか?」
って言ったんですが、
「せっかく遠くから来たんだから」って言って
みかん狩りを続行しました。
血は止まりません。あっという間に包帯が真っ赤になります。

次は柿狩りだって言って、高枝切りバサミで柿を採ったら
高い所の柿が落ちてきて、大久保さんの血だらけの足にダイレクト
に落ちました。
これには、痛そうな顔をしましたが、柿狩りも続行します。

次は宴会です。

そして、夜になると
「オイラ、これから、ジャズコンサートに行くから」って
包帯を取り替えて、草履でコンサートに行ってしまいました。

次の日、
「コンサートで足を踏みならしてたら、血だらけになって
草履がだめになっちゃったよ~」
って。

結局、医者には行かずに治したそうですが
その後ハサミの痕がくっきりついた、爪が生えてきたそうです。

アキレス腱固めの達人は、流血くらいじゃビクともしません。

サンボと落語とジャズと読書をこよなく愛する
大久保凡さんであります。

ちなみに本の数は、小さな本屋さんどころじゃありません。
少し大きめの本屋さん位あります。
離れの一軒家に、本だけが暮らしてる書庫もお持ちなのです。


にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。