QLOOKアクセス解析
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:
2011.03.29(Tue):サンボの紹介
サンボってどんなのかっていうと、
旧ソ連の格闘技で、柔道や柔術や
ソ連の民族格闘技をミックスして作られたものです。
「武器を持たない自己防衛」というコンセプトです。

試合場はレスリングマットで、上半身は、柔道着みたいな道着
サンボ着をきて、下半身は短パンかスパッツで、足はサンボシューズまたは、
レスリングシューズを履きます。

どんな競技かというと
大雑把にいえば、投げて、抑え込んで、関節技を極めれば良いのです。

立技は、柔道の技もレスリングの技もなんでも使えます。
ブン投げればポイントが入ります。
詳しいポイントの入り方は、後日書きます。

抑え込みは、胸を合わせれば、足を絡まれても抑え込みです。
要するに、相手がハーフガードでも、ガードポジションでも胸をあわせば
抑え込みになります。
抑え込みは、10秒で2ポイント、20秒で4ポイント入ります。
抑え込みで1本はないです。
あと、クロスガードは反則です。

関節技は、腕、足関節が狙えます。
サンボといえば、足関節ってイメージだと思いますが
ヒールホールドとかアンクルホールドは反則です。
足首を捻るのは禁止なんです。
だから、おもな足関の決まり技は、
アキレス腱固め、膝十字固め、膝固め、股裂きです。
ちなみに、手首を捻るのも禁止なので、
手首固めも反則です。
あと、絞め技も反則になります。


サンボは、細かい所までルールを把握しようと思うと
凄く細かくて大変なので、実は僕も細かくは分からないんです。
ですから、柔道やレスリングなどの他競技の人も
そんなに細かい事まで神経質にならずに、
ブン投げて、抑え込んで、関節を極める。
そんな感じで、ぜひ試合に出てください。

関節を極めなくても、投げだけでも勝てますし。


にほんブログ村 格闘技ブログ その他武術・武道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。